精密技工

高い技術を持つ歯科技工士による技工

歯科治療では、歯を削ったり抜いたり後に装着する詰め物・被せ物などの技工物が欠かせません。またこの技工物には高い精密性が必要となり、それは歯科技工士の技術力によるものといえます。

芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」では高い技術を持つ歯科技工士が常駐し、歯科医師と密に連携をとって治療を進めています。こちらでは、当院における精密技工についてのこだわりなどをご紹介します。

当院には歯科技工士が常駐しています

歯科技工士とは、歯科医師の指示に従い、金属やレジン(歯科用プラスチック)、セラミックなどさまざまな素材を使って、詰め物や被せ物、ブリッジ、入れ歯といったさまざまな技工物を製作する、国家資格を持つ専門技術者です。

歯科医療技術は日々進歩しており、歯科技工士には常に新しい知識の習得、また技術向上のための努力が求められます。当院には、常に研鑽を怠らない高い知識・技術を持つ歯科技工士が2名在籍しており、院内技工士として日々精密な技工物の製作にあたっています。

歯科医師と常に連携をとり、患者様に納得していただける技工物のご提供に努めていますので、何でもご相談ください。

歯科技工士/技工部長
曽我龍介
歯科技工士/技工副部長
白石康朗
歯科技工士/技工部長曽我龍介 歯科技工士/技工副部長白石康朗

院内技工士のメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット1
高精度を可能にする
歯科医師との直接連携
メリット2
院内だからこその
スピード
メリット3
治療立ち会いによる
柔軟な対応
歯科医師と歯科技工士が顔を合わせて、常に密な連携をとれるため、精度の高い技工物製作が可能になります。 外部の歯科技工所に委託する手間が不要なため、技工物の製作はもちろん、急を要する入れ歯修理などにも対応が可能です。 歯科技工士が治療に立ち会えるため、患者様の細かなご要望にも柔軟に対応することができます。

院内技工士のメリット

セレック×院内技工士

セレック×院内技工士

当院では、院内でセラミック製の技工物をスピーディーに製作できる「セレックシステム」を導入しています。セレックシステムを用いたセレック治療は、はじめに3D光学カメラでお口の中の状態をスキャンし、そのデータを元に専用のミリングマシンでセラミックブロックを削り出して完成した精密な技工物を使っておこなう治療法です。

セレック治療はとてもメリットが多い治療ですが、「セラミック以外の素材には対応できない」「製作できるのは基本的に詰め物・被せ物のみ」「前歯の製作が難しい」といったデメリットもあります。当院ではそのようなデメリットも、院内技工士が可能なかぎりカバーしていますので、一度ご相談いただければ幸いです。

セレック×院内技工士

またセレックシステムは歯科技工士でなくても扱えるものですが、技工物についての専門的な知識を持つ歯科技工士が操作することで、より精密な技工物をご提供することができます。スキャンだけ利用してセラミックの削り出しは歯科技工士がおこなったり、ミリングマシンで削り出した後の仕上げを歯科技工士がおこなったりするなど、幅広い応用が可能です。

技工物については、「セレック×院内技工士」が実現する当院に安心してお任せください。