セレックシステムによる技工

精密なセラミック製技工物を院内で

歯科治療に欠かせないインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)といったセラミック製の技工物は、歯科医院で外部の歯科技工所に依頼して製作するのが一般的です。そのためどうしても製作日数が必要になり、治療期間が長くなってしまいます。しかし、近年登場したセレックシステムを導入することで、精密なセラミック製技工物が院内で製作できるようになりました。

芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」では、院内にセレックシステムを導入しています。こちらでは、より精密かつスピーディーな治療を実現するセレックシステムを用いたセレック治療についてご紹介します。

セレック治療とは

セレック治療とは

セレック治療とは、コンピューター制御のもとでCAD/CAMを駆使して製作したセラミック製の技工物を使用した審美治療のことです。

まずペン型の光学式スキャナーでお口の中をスキャンし、そのデータを元にコンピューター上でインレー(詰め物)・クラウン(被せ物)などの技工物を設計。最後に専用のミリングマシンで、セラミックブロックを設計通りに削り出し、精密な技工物を完成させます。

外部の歯科技工所に発注する必要なく院内で技工物が製作できるため、最短1日で治療が完了するなど、治療期間を大幅に短縮し、さらに費用を抑えることも可能になります。

セレック治療で対応可能な技工物

インレー(詰め物)

インレー(詰め物)

従来詰め物の素材は、銀歯やコンポジットレジン(歯科用プラスチック)が一般的でした。しかしセレックシステムならスピーディーにセラミック製の詰め物が製作できるため、選択肢が増えたといえます。

クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)

セレックシステムでは被せ物の製作も可能です。従来大きな虫歯の治療や根管(こんかん)治療の後に被せ物を装着する場合、製作に日数が必要になるため、どうしても治療期間が長くなっていました。しかしセレックなら最短1日での装着が可能です。

セレックブリッジ

セレックブリッジ

セレックシステムでは、ブリッジも製作できます。連結する歯が長い(多い)ケースには適用できませんが、3歯程度までであれば問題なく製作が可能です。今後は、より長いブリッジも製作可能になると見込まれています。

セレックルームについて

セレックルームについて

当院ではセレック治療に必要な機材を備えた、セレックルームを完備しています。

3D光学カメラ ミリングマシン
3D光学カメラ ミリングマシン

歯を削った後の状態を撮影する、3D光学カメラです。スキャンするだけで患部の状態を詳細なデータで取得できるため、従来の型採りも必要ありません。

※ただし、症例によって型採りが必要なケースもあります。

スキャンしたデータを元に、コンピューター上で技工物を設計します。その後設計したデータを元に、ミリングマシンにセラミックブロックをセットして削り出しをおこない、精密な技工物を完成させます。

セレック治療のメリット

メリット1
治療期間が短い
メリット2
耐久性・審美性が高い
セラミック製の技工物が院内でスピーディーに製作できるため、通院回数も少なく治療期間を短くできます。 歯の色調に合わせて選んだセラミックブロックを削り出して製作した技工物は、自然で美しい上に耐久性に優れています。
メリット3
身体にやさしい
メリット4
高性能かつ経済的
セラミックは、金属の技工物「銀歯」が持つ金属アレルギーのリスクがなく、身体にやさしい素材です。 コンピューター制御のもとで製作される技工物は高性能でありながら、外注が不要になることで費用を抑えることができます。

セレック治療のメリット

技工士との連携

セレック治療はメリットがとても多い治療ですが、以下のようなデメリットも少なからずあります。

  • 素材はセラミックのみを対象としており、金属には対応できない
  • 基本的に製作できるのは、詰め物・被せ物のみ
  • 前歯の製作が難しい  など

当院では高い技術を持つ院内歯科技工士と密に連携をとることで、このようなデメリットをカバーしています。セレック治療はもちろん、そのほかの技工物製作についても安心してご相談ください。