マウスピース矯正

目立ちにくい歯列矯正~マウスピース矯正~

歯列矯正の装置としてよく知られているのが、金属製のブラケットという装置にワイヤーを通すタイプのものです。この装置は多くの症例に適用が可能ですが、目立つことで抵抗をお持ちの方が少なくありません。そこでご提案するのが、マウスピース矯正です。

芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」では、透明なマウスピースを用いる目立たない歯列矯正「インビザライン」認定の矯正専門医が在籍していますので、安心して治療をお任せいただけます。装置の見た目を気にして治療をあきらめていたという方も、一度ご相談ください。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正ではまず歯型を採り、お口に適した弾性を持つ透明なマウスピースタイプの装置を正しい歯並びになるよう段階ごとに分けて複数製作します。それを数週間ごとに取り替え、少しずつ歯並びを整えていくのです。

装置が透明であるため装着していることに気づかれにくく、お仕事の兼ね合いなどで今までブラケットを使用したワイヤー矯正治療をあきらめていた大人の方に多く選ばれています。
※ただし、適用できない症例もあります。

マウスピース矯正のメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット1
透明で
目立たない
メリット2
取り外せる
メリット3
虫歯になりにくい
金属の装置と違い、透明なので装着していることに気づかれにくくなります。 食事やブラッシングの際には外しておけるから、支障が出ません。 ブラッシングがきちんとおこなえるから、虫歯ができにくくなります。
メリット4
痛みが少ない
メリット5
金属アレルギーの
リスクがない
メリット6
同時に
ホワイトニングが可能
段階を分けながら歯を少しずつ動かしていくから、痛みが少なくてすみます。 プラスチック製なので金属の装置にある金属アレルギーのリスクがありません。 マウスピースにホワイトニング剤を入れることで、同時に治療が可能です。

マウスピース矯正のメリット

インビザライン

インビザラインとは、世界中で評価されているマウスピース装置のひとつです。矯正治療においてメリットが多く、日本でも広く普及しています。

インビザラインの特徴
装着していることが分かりにくい“透明”なマウスピース

装着していることが分かりにくい“透明”なマウスピース

矯正治療の悩みのひとつとしてよく聞くのは、口元が目立つことです。その点インビザラインは、透明で薄いプラスチックで作られているため、装着していることに気づかれにくいです。治療中も口元を気にすることなく、おしゃべりを楽しめます。

取り外し可能でお手入れがしやすく快適

インビザラインは自分で取り外しが可能です。そのため、取り外した後に、普段と同じように食事ができ、ブラッシングもいつも通りにすることができます。

他のマウスピース矯正との違い
インビザライン 他のマウスピース装置
メリット 高度な治療設計のため適用症例が広い
型取りが2、3回程度で少ない
治療計画が明確
費用がインビザラインよりも安い
デメリット 高度な治療のため、
歯科医師に専門技術や知識が求められる
適用症例が狭い
毎回の型取りに痛みを伴う
通院の頻度 2ヶ月に1回程度 2週間に1回、または月に1回程度
治療の期間 数ヶ月から2年程度 数ヶ月から2年程度
iTero element(アイテロエレメント)を活用

当院ではアイテロを導入しております。アイテロは光を当てるだけで歯型を取ることのができる光学印象システムです。アイテロを活用することでマウスピース矯正において様々なメリットがあります。

iTero element(アイテロエレメント)を活用

  • 従来の歯型と比べ、歯型の変形がなく、光学による精密な3Dデータを作成することができます。
  • 3Dデータをパソコン上で送信するため、歯型の輸送が不要です。そのため、矯正装置をスピーディーに製作できます。
  • 歯型は従来、シリコン素材を口に入れて採得していました。そのため、嘔吐反射や気分が悪くなる方もいらっしゃいました。アイテロでは小型の口腔内カメラでスキャンするだけなので快適に矯正治療に臨めます。
  • 歯並びがどのように変化していくのかシミュレーションができるので治療後の歯並びをイメージしていただきやすいです。
お手入れの方法

矯正治療中はお口の中のケアはもちろん、マウスピースのケアも必要になります。ここでは、どのようにマウスピースのケアをすればよいのかをご紹介します。

マウスピースの外すタイミング

マウスピースの外すタイミング

食事や飲み物を飲むときにマウスピースを外すことで、マウスピースについた汚れによる虫歯や歯周病を防ぎ、口元を動かすことでマウスピースが傷つくのも防ぐことができます。

  • 食事の際は外しましょう。食事後は歯磨きをしてからマウスピースを装着するとより清潔に保てます。
  • 虫歯のリスクのため、糖分のある清涼飲料水を飲むときに外しましょう。水を飲む場合は外す必要はありません。
  • 色素が強いコーヒーやワインなどを飲むときは、着色を避けるために外しましょう。
  • 熱い飲み物を飲むときは、変形の恐れがあるため外しましょう。
マウスピースを洗う方法

マウスピースを洗う方法

マウスピースは歯磨き同様に、歯ブラシと歯磨き粉を使って洗います。弱い力で両面をゆっくり磨き、しっかりとすすいでください。力を入れすぎるとマウスピースが傷つく場合がありますので、注意してください。また、専用のクリーニング剤がある場合もあるので、詳しくは担当の歯科医師にご確認ください。

マウスピースを保管する場合は、専用のケースに入れてください。ケースに入れずにホコリや汚れがつくと不衛生ですし、破損するリスクも高まります。

インビザライン認定の矯正専門医

マウスピース矯正は、「ただマウスピースをはめればいい」というものではなく、正しい専門知識のもとで進めることが必要です。当院には、世界中で厚い信頼が寄せられているマウスピース矯正「インビザライン」認定の矯正専門医が在籍しており、インビザライン治療の豊富な実績のもとで治療にあたっています。

インビザライン専門医とは、インビザライン治療について確かな知識および技術と治療実績を十分に持つと認められた歯科医師にのみ与えられる称号です。一人ひとり異なるさまざまなお口の状態に合わせたインビザライン治療をご提供しますので、まずはお気軽にご相談ください。