小児矯正

お子様の歯並びが気になるなら

受け口だったり、歯がガタガタに並んでいたりと、お子様の歯並びが気になっているという親御さんは多いのではないでしょうか? 歯列矯正は大人の方にも受けられる治療ですが、成長期にある子どものときに受けることで、よりよい効果を得られます。

芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」では、小児矯正をおこなっています。お子様の歯並びが気になったら、当院までお早めにご相談ください。

ご家庭でのチェック方法

歯並びの乱れはお子様一人ひとり異なり、成長段階によっても違いがあります。そのため、ご家族の方も「本当に歯列矯正が必要なのかな……」と迷われるかもしれません。こちらでは、ご家庭でできる歯並びのチェック方法をご紹介します。

  • 咬み合わせたとき、上下の前歯の中心がずれている
  • 下の前歯が上の前歯より前に出ている(受け口である)
  • 上の前歯が前に突き出している(出っ歯)
  • 咬み合わせても、上下の前歯が閉じない(開咬:かいこう)
  • 指しゃぶりのクセがある
  • 舌で前歯を押すクセがある
  • 唇を咬むクセがある
  • 歯並びがでこぼこになっている
  • 顎の動きに気になるところがある
  • 唇が閉じにくい

ご家庭でのチェック方法

お子様のお口を見て、これらの中に当てはまるものがあった場合、歯列矯正が必要な可能性があります。小児矯正治療は成長する力を利用しながら進めるため、開始のタイミングが重要ですので、これらの項目以外にも気になることがあれば、お早めにご相談ください。

小児矯正は何歳から?

小児矯正は何歳から?

小児矯正は、子どもの成長期に自然な成長しようとする力を利用しておこないます。乳歯もしくは混合歯列期に上下の顎の骨を整え、永久歯がきちんと生える準備を整えることが目的です。

治療を開始するタイミングは症例や治療法などによって一人ひとり異なりますが、早いケースで3~6歳から、遅いケースで6~10歳くらいになりますので、適した時期に治療がおこなえるよう放置しないことが大切です。

小児歯科のコース別解説

乳歯列期(目安:3歳~7歳)

乳歯列期(目安:3歳~7歳)

上下の前歯の中心がずれている、受け口である、指しゃぶりや舌で前歯を押すクセがある、といった場合、顎の骨の成長に悪影響が及び顔がゆがんでしまうことがあります。

そこで取り外せる装置を使用したり、口や舌の筋肉を正しく動かすためのトレーニングをしたりする治療をおこなっていきます。

混合歯列期(目安:7~9歳)

混合歯列期(目安:7~9歳)

乳歯と永久歯が混在する時期は、これからどんな歯並び・顔貌になるのかを左右する重要な時期です。

取り外しができる装置を使い、自然に成長する力を利用して顎の骨の正しい成長をコントロールする治療をおこなうことによって、将来的な本格矯正で抜歯する確率を下げられるようにします。

側方歯交換期(目安:10歳~12歳)

側方歯交換期(目安:10歳~12歳)

犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯が生え替わる時期です。全身が著しく成長するこの時期は、自然な成長の力も大きく歯列矯正にも適したタイミングだといえます。

下顎が小さい、咬み合わせがずれている、歯が重なって並んでいるなど、症状に合わせて適した装置を用いて、一部分もしくは歯列全体を動かしていく治療をおこないます。

当院の矯正治療メニュー

ムーシールド・ムーアプライアンス
ムーシールド

ムーシールドは、乳歯の受け口(反対咬合)を改善するマウスピースです。就寝時のみ装着し、お口まわりの筋肉バランスを整えていきます。

ムーアプライアンス

ムーシールドによる治療が終わった後、必要に応じて新たにムーアプライアンスという装置を使用します。ムーアプライアンスはムーシールドと違い、ワイヤーを用いた装置です。

バイオネーター

プラスチック製の床とワイヤーでつくられた取り外し式の装置です。床部分の中央にあるネジで装置の幅を調整しながら、筋肉の動きを利用して下顎の成長を促していきます。おもに前方向への成長促進を目的としていますが、横方向の拡大にも適用できます。

拡大床

ネジを調整することで拡大できる床を使った取り外し式の装置です。一般的な歯列矯正では、歯がきちんと並ぶスペースをつくるために抜歯などの処置をおこないますが、この装置は顎の正しい成長を促してスペースを確保し、歯を並べていきます。成長期のお子様向けの治療法です。