歯列矯正を受ける前に

知っておいていただきたいこと

歯列矯正は、歯科医療の中でもとても専門性の高い治療です。また歯並びや咬み合わせが一人ひとり異なるので、治療法や期間などにもさまざまな選択肢があるものです。そこでこちらでは治療前の基礎知識をご紹介します。

芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」では、歯列矯正について高い専門知識と豊富な症例を積み重ねて治療に活かしています。また総合歯科医院であるため、矯正治療と並行して一般的な歯科治療をおこなうことも可能です。歯並び・咬み合わせについては、お気軽に当院までご相談ください。

悪い歯並びの種類

乱れた歯並びの問題は見た目の良し悪しだけではありません。正常ではない歯並びには次のような種類があり、起きる原因やトラブル、また治療法がそれぞれ異なります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

上顎前突
じょうがくぜんとつ
下顎前突
かがくぜんとつ
上下顎前突
じょうげがくぜんとつ
開咬
かいこう
上顎前突じょうがくぜんとつ 下顎前突かがくぜんとつ 上下顎前突じょうげがくぜんとつ 開咬かいこう
上の前歯もしくは、上の歯列全体が前に突き出しています。いわゆる「出っ歯」です。下顎より上顎が大きい場合などに起こります。 下の前歯もしくは、下の歯列全体が前に突き出しています。いわゆる「受け口」です。上顎より下顎が大きい場合などに起こります。 歯列が上下ともに前に突き出しています。歯を咬み合わせても唇が閉じにくかったり、転倒したときなどに前歯の破折などが起こりやすかったりします。 奥歯を咬み合わせても上下の前歯が閉じません。食べ物を咬み切りにくく、また息がもれて発音に支障が出ることがあります。
叢生
そうせい
空隙歯列
くうげきしれつ
過蓋咬合
かがいこうごう
交叉咬合
こうさこうごう
叢生そうせい 空隙歯列くうげきしれつ 過蓋咬合かがいこうごう 交叉咬合こうさこうごう
歯がでこぼこに重なり合っています。歯の大きさに比べて顎が小さい場合などに起こります。「八重歯」もその一種です。 歯と歯の間にすき間があります。顎の大きさに比べて歯が小さい場合などに起こる、いわゆる「すきっ歯」です。 上の歯列が下の歯列を深く覆っています。下の歯列が表から見えないこともあり、食べ物を咬み切りにくかったり、上の歯で下唇を傷つけてしまったりします。 上下の歯列が横にずれ、咬み合わせが一部分交叉しています。放置すると顎や顔にゆがみが生じ、コンプレックスにつながることもあります。

乱れた歯並びのデメリット

乱れた歯並びには、ほかにも次のようなデメリットがあります。

乱れた歯並びのデメリット

  • 見た目が気になって口元を隠しがちになり、笑顔が減る
  • 顎や顔の正しい成長を妨げる
  • ブラッシングしにくく汚れが残りやすいため、虫歯や歯周病になりやすい
  • 食べ物をしっかり咬みくだけずに丸飲みしがちになり、消化器官への負担が大きくなる
  • 奥歯できちんと食いしばれず、力が十分に発揮できない
  • 正しく発音することが難しく、滑舌が悪くなることがある  など

治療前の注意点

歯列矯正は、装置を使って歯に少しずつ力をかけ、正しい位置に動かしていく治療です。治療前には、以下の注意点についてご理解いただきますようお願いいたします。

歯根吸収について

治療中には、まれに歯根吸収が起きることがあります。歯根吸収とは、矯正装置からかかる力によって歯根の先端が少し短くなることです。当院では十分な注意をもって治療をおこなうことで、できるかぎり歯根吸収を防いでいます。

後戻りについて

治療を終えて歯が正しい位置に移動しても、それを放置すると歯は元の位置に戻ろうとします。これを後戻りといいます。そこで位置を安定させるための保定期間を設けますが、装置を適切に用いなかったり、定期検診を怠ったりすれば後戻りを起こすことがあります。

顎関節の異常について

乱れた咬み合わせが歯列矯正によって改善されても、もともと起きていた顎関節の異常が必ずしも改善されるわけではありません。なぜなら顎関節に異常が起きる直接的な原因は咬み合わせではなく、「外傷」+「ストレス」であるといわれているためです。

毎食後のブラッシングについて

治療中は装置を装着していることで、汚れがたまりやすく虫歯や歯周病になりやすくなります。できるだけ毎食後にブラッシングをしてください。

治療内容の変更について

歯並び・咬み合わせの状態や選択した治療法などによって、治療の難易度は一人ひとり異なります。また患者様の治療に取り組む意欲や姿勢も、治療の進行度に大きく関わってきます。そのため、治療過程で内容変更が必要になるケースもありますがご理解ください。

約束日の来院について

歯列矯正は、定期的に歯の動きを見ながら装置を調整するなどしてきちんと進めていくことが必要です。お約束した来院日には、必ずお越しください。もしキャンセルが重なれば、治療が計画通りに進まないのはもちろん、ほかの患者様のご迷惑にもなってしまいます。

カウンセリングをおこなっています

歯並びや咬み合わせ、また歯列矯正について以下のような疑問はありませんか?

  • 歯科検診で歯並びの乱れを指摘されましたが、歯列矯正が本当に必要ですか?
  • 治療にはどれくらいの期間がかかりますか?
  • 治療中の通院は、どれくらいの頻度で必要ですか?
  • 費用はどれくらいかかりますか?
  • 装置はどんなものを使うのですか?
  • 歯を抜かないといけませんか?
  • ほかの歯科医院で受診しましたが、こちらでも診てもらえますか?  など

カウンセリングをおこなっています

当院では、このような疑問にカウンセリングにて一つひとつ丁寧にお答えしています。患者様とじっくりお話しするために、カウンセリングにはとくに時間をしっかりとっておりますので、必ずご予約をお願いいたします。