被せ物について

美しく、きちんと咬み合う被せ物を

インプラント治療を受けた後には、人工歯根の上に被せ物の人工歯を取りつけます。芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」が被せ物についてくわしくお話します。どのような被せ物があなたの症状に合った被せ物なのか、一緒に考えてみましょう。

被せ物の重要性

被せ物の重要性

被せ物は、お口の咬み合わせに深く関わるものです。そのため、お口の中の状態を十分に調べ、精密につくることが大切です。

もし被せ物の不具合で咬み合わせが乱れてしまえば、食べ物がしっかり咬めないだけでなく、頭痛や肩こり、腰痛といった全身症状を引き起こしてしまいます。せっかく治療したのにもったいないですね。それだけ、被せ物は重要なのです。

また口元は他人からの視線が向きやすい場所であるため、見た目が美しいことも大切です。そこで当院では咬み合わせなどの機能性を十分にふまえた上で、見た目にも自然で美しい被せ物をおつくりしています。

審美効果について

歯の色や大きさ、形、まわりの歯との位置関係など、お口の中の状態は一人ひとりさまざまです。そのため、被せ物そのものがどんなにきれいにできていても、装着する人の口元に合っていなければ、美しいとはいえません。そこで当院では、次の9つのポイントをふまえて被せ物を製作しています。

  • 歯の形状:四角い、細い、丸みを帯びているなど、さまざまな形状があります。
  • 顔貌とのバランス:前歯の中心が顔の中心にあることが美しさのポイントです。
  • スマイルライン:笑ったとき、上の前歯のラインが下唇に沿うようにします。
  • 天然歯との調和:まわりの歯の特徴に合わせてつくります。
  • 性別:性別によっても歯の形が異なります。
  • 肌の色とのバランス:肌の色との調和も大切です。
  • 年齢:加齢とともに歯の色や形も変化します。
  • 素材の選択:アレルギーへの配慮や咬み合わせをふまえて素材を選びます。
  • 全体のバランス:黄金比に基づき、全体のバランスをとります。

審美効果について

口元を気にしてばかりいると、笑いたくてもがまんしたり、手で口元を隠すクセがついたりと、毎日を楽しめなくなってしまいます。自分のお口に合った自然で美しい被せ物は、口元を美しくし、自信を取り戻させてくれます。中には、性格まで積極的になれたという方もいるほどです。審美治療は、毎日を楽しくすごすために有効な治療だといえるのです。

被せ物の種類

被せ物にはさまざまな種類があります。当院では一人ひとりの患者様のお口の中の状態や、症状、ご予算、機能性・審美性など複合的に判断し、適したものをご提案します。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

セラミックのみでつくられた被せ物です。歯の自然な白さや透明感を再現でき、天然歯と見分けがつかない仕上がりになります。金属を使用しないため、金属アレルギーのリスクもありません。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドの素材にもなる、強度が高く美しいセラミック、ジルコニアでつくられた被せ物です。ブリッジのような強度が求められる技工物にも適用が可能です。

メタルボンド

メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。金属を使用しているため強度が高く、咬む力が強くかかる奥歯にも適しています。

ハイブリッドクラウン

ハイブリッドクラウン

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合せた素材、ハイブリッドセラミックでつくられた被せ物です。オールセラミックの美しさにレジンによって適度な軟性が加わり、咬み合う歯を傷めにくくなります。ただし、比較的透明感は劣ります。

ファイバーコア

ファイバーコア

被せ物を装着するための土台(コア)に、従来の金属ではなくグラスファイバーを用いたものです。金属と違って適度なしなやかさを持つため、歯根を傷めにくいのがメリットです。また透明なため、被せ物の透明感を損ないません。