インプラント治療とは

歯を失ったことを忘れてしまうインプラント

「まさか自分の歯がなくなるなんて……」。身体の一部である歯を失うことは、ご年齢に関係なくとてもショッキングな出来事であり、落ち込まれる方も多いことでしょう。しかし、近年ではインプラント治療で、歯を失ったことを忘れてしまうような咬み心地を取り戻すことができます。

こちらでは、芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」がインプラント治療についてくわしくご紹介します。「もう一度しっかり咬みたい」「今使っている入れ歯に不満がある」という方は、一度インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで歯の機能と見た目を回復させる治療法です。インプラントが顎の骨にきっちりと結合する構造になっているため、天然歯と変わらない自然な咬み心地を取り戻すことができます。

さらに人工歯は、まわりの歯の色調に合わせてセラミックでつくられるため、見た目もとても自然で美しく、まわりの歯への負担もないのが特徴です。機能性・審美性ともに多くのメリットを得られるインプラント治療は、近年急速にシェアを広げています。

インプラントのメリット

※表は左右にスクロールして確認することができます。

メリット1
自然な咬み心地を
取り戻せる
メリット2
見た目が
自然で美しい
メリット3
まわりの歯に
負担をかけない
硬い物も問題なく咬みくだくことができるため、食事を存分に楽しめます。 部分入れ歯にあるバネなどもなく、どこを治療したのかわからないほど自然な見た目になります。 健康な歯を削ったり、部分入れ歯のバネをかけたりといったことがなく、まわりの歯に負担をかけません。
メリット4
顎の骨がやせるのを
防ぐ
メリット5
お手入れは
天然歯と同じ
メリット6
長期的な使用が
可能
ブリッジなどと違って咬む力がインプラントを通して顎の骨に伝わるため、やせるのを防ぎます。 毎日のお手入れは、天然歯と同じくブラッシングでよいため、入れ歯のような、取り外してのケアは不要です。 毎日の適切なブラッシングと定期検診を欠かさなければ、かなり長期的に使用し続けることができます。

インプラントのメリット

インプラントのデメリット(注意点)

※表は左右にスクロールして確認することができます。

デメリット1
外科手術が
必要
デメリット2
比較的
費用が高額
デメリット3
治療期間が
長い
インプラントを顎の骨に埋め込むための外科手術が必要です。 健康保険が適用されず自費診療となるため、比較的費用は高額になります。 まずインプラントを顎の骨に埋め込み、傷口の治癒を待って人工歯を装着するなど、治療期間が長くかかります。
デメリット4
適応できない
症例もある
デメリット5
定期的なメインテナンスが
必要
デメリット6
インプラント周囲炎の
リスクがある
全身疾患の有無や顎の骨が不足しているなどの理由によって、インプラント治療がおこなえないケースもあります。 インプラントは埋めたら終わりではなく、よい状態で維持するためには定期的なメインテナンスが欠かせません。 メインテナンスを怠ると歯周病と同じ症状を招くインプラント周囲炎になり、悪化すればインプラントが抜け落ちてしまいます。

インプラントのデメリット(注意点)

芦屋M&S歯科・矯正クリニックのインプラント治療

当院ではインプラント治療を正確かつ安全におこなうために、次のことにこだわっています。

インプラント体について~ストローマンインプラントの採用~

インプラント体について~ストローマンインプラントの採用~

インプラント治療においては、数多くの種類があるインプラント体の中からどのメーカーのものを選ぶかがとても重要です。当院では、世界シェアNo.1を誇るスイスのインプラントメーカー、ストローマン社のものを採用しています。

ストローマンインプラントは、50年もの期間をかけ研究・改善を重ねてつくられた、精密で高品質なインプラントです。埋入後の安定性も科学的な研究で実証されており、信頼のおけるメーカーであることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

インプラントの形状や表面の特殊な加工技術によって顎の骨にしっかりと結合し、結合までの安定(癒着)期間も他社のものに比べて短く、治療の成功率も高いというデータも出ているのです。

カルシテックインプラント

カルシテックインプラント

当院では患者様の状態に応じて、カルシテックインプラントを使用する場合もございます。歯や骨を構成する成分であるハイドロキシアパタイトでコーティングされています。この成分が顎の骨と結合しようと働くため、骨質の悪い上顎のような難しい部位でも治療しやすくなります。チタンインプラントと比較し、半分程度の治療期間で高い治療成功率を維持することができます。

確実な埋入のために~ガイデッドサージェリーの活用~

確実な埋入のために~ガイデッドサージェリーの活用~

顎の骨の状態は、一人ひとり、また部位によってもまったく異なります。そこでインプラントを埋め込む前には、その特徴を正確に把握した上で、「どの位置に」「どの深さで」「どんな角度で」埋入するのかをきちんと決めておくことが必要です。また、その計画どおりにインプラントを埋入するためにも細心の配慮が求められます。

当院では、「ガイデッドサージェリー」という器具を活用し、正確なインプラント埋入を可能にしています。ガイデッドサージェリーを用いることで、インプラントを埋め込む穴をあけるドリリングの際のぶれを防ぎ、万が一の事故も防止できるのです。