咬み合わせの重要性

正しい咬み合わせは健康の基盤です

お口の中では、上下の歯が正しく咬み合っていることがとても重要です。咬み合わせが悪いと、お口の中はもちろん全身にまでさまざまなトラブルを招きます。

こちらでは、芦屋市の歯医者さん「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」が咬み合わせの重要性についてご紹介します。当院では咬み合わせを重視した治療をおこなっていますので、何でもお気軽にご相談ください。

咬み合わせについて

咬み合わせについて

咬み合わせは、歯だけでなくお口まわりの筋肉や顎関節などさまざまなものが深く関わって成立するものです。正しい咬み合わせとは、すべての歯が上下で均一にあたっている状態をいい、逆にあたっている部分が一部であれば、それは悪い咬み合わせであるといえます。

歯は見た目がきれいできちんと並んでいることも大切ですが、何より重要なのが咬み合わせです。歯の重要な機能である「食べ物を咬む」ことが正しくおこなわれ、健康が維持され、また咬みしめることで力が発揮される……など、咬み合わせが全身につながっているからです。歯科治療においても、すべての基盤に咬み合わせを置いた上で進めることが必要だといえるでしょう。

咬み合わせが悪いとどうなる?

咬み合わせが悪いと、お口の中や全身にまで次のようなトラブルを招きます。悪い咬み合わせを放置せず、お早めに当院までご相談ください。

お口の中のトラブル
歯の摩耗 一部分の歯に力がかかり、歯を摩耗させます。
歯の欠け 同じく、強い力がかかり歯を欠けさせます。
歯の破折 さらに、歯が割れてしまうこともあります。
修復物の破損 セラミックなどの詰め物・被せ物が割れたり欠けたりします。
知覚過敏 歯ぐきに過度な力がかかってやせ、神経に近い象牙質を覆うエナメル質がない歯根が露出して、知覚過敏が起きます。
歯周組織の損傷 歯を支えている歯ぐきや顎の骨などの歯周組織にも損傷が起きます。
歯の位置の異常 顎の骨の発育を抑制し、奥歯の高さが低くなったり、前歯の傾斜が強くなったりします。成長期であれば顎顔面の骨格形成にも悪影響を与えます。
全身のトラブル
顎関節症 口が開かない、顎が痛い、ミシミシ音が鳴るなどの症状が現れる顎関節症を招きます。
肩こり 咬むことで顎~体へかかる力のバランスが乱れ、肩こりを招きます。
腰痛 全身のゆがみにつながり、腰痛を引き起こします。
頭痛 同じく、頭痛などの不定愁訴(ふていしゅうそ)を招きます。
高血圧 顎の位置がずれることで筋肉が緊張したり体幹にねじれが生じたりすることなどにより、血流に障害が起きて血圧を上昇させているのではないかなど、高血圧との関係性も疑われています。

保険制度と咬み合わせ

保険制度と咬み合わせ

残念ながら現在、咬み合わせの治療には健康保険は適用されません。なぜなら歯科治療で保険が適用されるのは、虫歯や歯周病など、すでにおきている症状に対する治療のみであり、予防や審美目的の治療は対象外となっているためです。

悪い咬み合わせはさまざまな病気を引き起こす原因になりますが、それ自体が病気ではないとみなされているのが現状です。しかし、保険が効かないからといって悪い咬み合わせを放置していると、上記でご紹介したようなさまざまな体の不調を招くことになります。中には、原因によって保険が適用できるケースもありますので、一度ご相談いただければと思います。

緻密性が求められる咬み合わせ治療

緻密性が求められる咬み合わせ治療

咬み合わせの治療をおこなう際には、まずなぜ咬み合わせが悪くなったのかの原因を追求することからはじめます。

咬み合わせを調べるには、歯1本1本ではなく、上下の歯列全体を診ることが必要です。上下の歯がどのように合わさっているか、どのように動くのか、さらに歯を動かす筋肉や顎関節の状態はどなっているのかなどを詳細に調べていきます。

咬み合わせの現状、および問題を把握した上で、その改善を図る。これには緻密な治療が求められます。当院は、咬み合わせ治療についての専門的な技術と設備が整っていますので、安心してご相談ください。